街なかかわらばんWEB

鮮魚店直営の街の海鮮食堂

2018年11月15日


白を基調としたすっきりとした配色の店内

白を基調としたすっきりとした配色の店内

手際よくネタを切り分ける店主田中さん

手際よくネタを切り分ける店主田中さん

海鮮丼セット(680円)は新鮮でボリュームたっぷり

海鮮丼セット(680円)は新鮮でボリュームたっぷり

「魚嫌いだった子どもさんが、うちの海鮮丼を食べてから魚好きになったという話を聞いたとき、店をやってて良かったなーと思いましたね」と話すのは、佐賀市白山で海鮮食堂を切り盛りする田中さん。話すとユーモア溢れる語り口が印象的なご主人は、現在も諸富で40年以上鮮魚店を経営されていて、花咲耶はその直営店です。早朝はもちろん市場に直行だそう。「昔と比べると若者の魚離れが進んでいますが、毎日の食事の中でもっと多くの人に新鮮な魚を食べてもらいたい」というご主人の思いから、3年前に店をオープンされました。
 
当時から街なかでお昼に魚料理を楽しめる店が少なかったこともあり、ランチタイムはいつも賑わっています。メニューは全て680円で統一。ご主人が毎朝市場で仕入れた魚でつくる“海鮮丼セット”をはじめとして、“海鮮あぶりサーモンとイクラ丼”や“刺身定食”、“塩サバ定食”や“ミックスフライ定食”といったメニューが並びます(ネタは季節に応じて変わります)。
 
ちなみに私の定番はエビフライや白身魚のフライ、お野菜などのミックスフライ定食ですが、今回は看板メニューの海鮮丼をチョイス。メインの丼に、「あら」を使ったお吸い物とお漬物。ご飯の上の一つ一つのネタがキラキラ輝いてみずみずしかったです! 鮮魚店直営だからこそ、新鮮さと680円という安さの両立が納得できた瞬間でした。
 

 
[INFORMATION]
海鮮 花咲耶
☏0952-29-0787
●佐賀市白山2丁目3-15
●営業時間/11:30~14:00
●定休日/土・日曜
●駐車場/なし

一覧へ戻る

記者プロフィール

庄野 雄輔

氏名:庄野 雄輔

街なかの愛の伝道師? かわらばんの編集もしています。

おすすめホームページ