街なかかわらばんWEB

一箱古本市出店者募集

2016年8月19日


毎年秋に街なかで開催される本の祭典、「BOOKマルシェ佐賀」。その中でも恒例のメインプログラムである『一箱古本市』の出店募集が始まりました。
 

そもそもBOOKマルシェとは「本でつながる、人と街」をコンセプトに、ユマニテさがとシアターシエマ、子どもの本屋ピピンが中心となって2009年に始まったイベントで、目玉の一つがこの一箱古本市です。みかん箱や段ボール箱一箱に売りたい本を持ち寄って、店舗の軒先や青空の下で行う古本市です。

 

どんなイメージかというと、こーんな感じです。結構毎年賑わっています。
DSC08841

 

多くのみなさんが各々茣蓙(ござ)やブルーシート、中には本棚も持参し、お客さんとおしゃべりしながら古本市を楽しんでらっしゃいます! すっかり街なかの秋の定番になりました。
DSC08843

 

さて、今年の内容ですが、詳細の情報を記載したフライヤーをチェックしてください。注意したいのは、BOOKマルシェのイベント自体は二日間なのですが、一箱古本市は二日目のみの開催になっています。
 

ちなみに古本市以外でも、BOOKマルシェ佐賀では様々なイベントが行われています。写真は昨年の様子です。
IMG_4123
DSC08805
DSC08792
DSC08830
DSC08788

 
〔INFORMATION〕
 

(開催日時【一箱古本市】)
10月16日(日)13時30分~16時
※BOOKマルシェ自体は15日と16日の両日開催です。
 

(募集店舗数)
50店舗
 

(募集締切)
10月7日(金)
※定員に達した時点で締め切り
 

(会場)
656広場周辺
※出店場所は主催者にて決定
※雨天の場合はテントで対応します
 

(参加費)
500円
※イベント会場内の飲食ブース、または指定店舗で使用できる500円券をプレゼント
※参加費の支払いは当日受付時
 

(持ち物と注意事項、当日の流れ)
左記チラシを参照
 

(応募方法)
①電話:0952-22-7340
②FAX:0952-22-7346
③Eメール:bookmarchesaga@humanite-saga.com

名前、住所、電話番号、メールアドレス、出店希望のジャンル、参加動機(簡潔に)を記入の上、上記①~③のいずれかの方法でお申し込みください。
※申込メールの確認の返信、もしくは電話連絡を差し上げた時点での受付確定となります。

(問い合わせ先)
まちづくり機構ユマニテさが 0952-22-7340

一覧へ戻る

記者プロフィール

庄野 雄輔

氏名:庄野 雄輔

街なかの愛の伝道師? かわらばんの編集もしています。

おすすめホームページ