街なかかわらばん佐賀

市民会館跡地に誕生した多世代間の交流拠点『みずがいえ』

2020年5月15日


そいよかね水ケ江「みずがいえ」は、高齢者向け賃貸マンションとシェアハウス・フォーヤングといった住居施設に、薬局、化粧品、漢方相談、コンビニ、食堂、温浴施設、美容サロン、図書館などを備えた複合施設です。「そいよかね」シリーズの施設としては、佐賀市木原と白石町に続き、3ヶ所目として今年1月にオープンしました。ここはこれから「医療」「食事」「住宅」「保育」「薬局」「介護」「美容」「運動」といった分野で生み出されるコミュニティの活動場所として、施設を運営する㈱ミズの中で位置づけられています。ちなみにここが建てられた水ケ江という土地は、㈱ミズHDの会長である溝上泰弘氏が幼少期より育った場所。溝上氏の「お世話になった水ケ江に恩返ししたい」、「地域に一番必要とされている高齢者のコミュニティや子ども達を育む施設をこの地に」という思いから、誕生しました。
 

「みずがいえ」が提供したい価値は、「新しい老後の生活」です。具体的には、「健康寿命をいかにして伸ばすかということ」。これは介護や寝たきりになる状態をできる限り短くしようということです。そのため、ここでは高齢者や子ども達との交流を強く意識されています。そして二つ目が、「人生のエンディングを明るくしよう」ということ。つまり、人生の終盤を迎えるにあたり、今持っている資産、将来の相続問題、お墓の問題などを生きている間に、いろいろと身軽にし、人生のソフトランディングを目指していこうということです。「みずがいえ」はこういったことを実現するための拠点なのです。
 



1階と2階の商業施設は、居住者だけでなく、一般の方々も利用できます。1階に薬局、コンビニ、化粧品、漢方相談、温浴施設「あいらぶゆ」、そして2階には、図書館「まちなかライブラリー鎌田文庫」、美容室「aiaiビューティサロン」、食堂「あい菜食堂」があります。(あいらぶゆは6/22にOPEN、あい菜食堂は6/15にOPEN ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため)
 

今是非チェックしておきたいのは、特に2階です。まず、専用入り口そばの階段をアーティスティックな壁紙を眺めながら昇っていくと、心地よい木の空間が広がります。そしてその中央には、大きな木材で作られたであろうテーブルや、この文庫の名前の由来でもある医師で作家の鎌田實氏がセレクトされた多くの本が目に入ります。ちなみにこのテーブルや館内のベンチ等は、元々この場所にあった佐賀市民会館敷地内の「大楠の木」から作られたそうです。そしてそのまま足を進めると、通路の両サイドに絵本、そして一般の方からの寄贈本がずらりと並んでいるのに加えて、設計・デザイン者のちょっとした遊び心で、本棚の随所に動物のミニオブジェが置かれており、心を和ませてくれます。そして通路の奥には広いスペース。ここには「くまさんのおうち」というお子さんが楽しんで本を読める空間が室内にあったり、子ども用の可愛い椅子が用意されていたりして、親子連れでもゆっくりと過ごすことができる空間になっています。一人用のテーブルもありますし、老若男女問わず気軽に立ち寄れる環境が整っています。鎌田文庫では「本を開くきっかけと、本を読む習慣づけ」が大事だという考えが根底にあり、高齢者の方が子ども達に読み聞かせ会をするなど、この場所で多世代が交わるコミュニティが生まれることを期待しているそうです。本については現在閲覧のみで、今後貸出が行われる予定です。

▲くまさんのおうち

▲鎌田氏の著書のイラストが使われている図書館内のたれ幕

▲溝上氏寄贈の本の数々

▲たくさんの絵本

▲鎌田氏寄贈の本が並ぶ棚
 

そして次に紹介するのは、美容サロン「aiaiビューティサロン」。こちらは何歳になっても「綺麗になりたい」という気持ちに応えてくれる素敵な場所です。施術は全て完全個室内で行われるので人目も気にならず、ちょっと優雅な気分にもなれます。メニューは、ヘアカットやカラーに加えて、アンチエイジングを意識したフェイシャルエステやメイクなど、トータルで綺麗になりたい気持ち、今後の楽しい毎日をサポートしてくれます(中でも「シャンプー」技術の高さは、特に折り紙付きだそう)。美容部門も持つミズならではの専門的アドバイスも特徴の一つです。

▲美容サロンの個室

▲賃貸マンションの室内
 

このように「みずがいえ」では、多様で便利なサービス施設を1,2階に備えながら、3Fには若者向けのシェアハウス、4F~7Fには高齢者向け賃貸マンションが設けられています。シェアハウスは個室と共用キッチン、リビング等で構成されているだけでなく、家具は北欧家具(IKEA)で統一。上階のシニア層と多世代間でコミュニケーションできるのも魅力の一つです。そしてその上階の高齢者向け賃貸マンションには、家具や家電が完備、さらに全室バリアフリー。トイレや浴室には緊急コールボタンも備えられており、快適な空間が広がっています。ここは単に暮らしやすいだけではなく、明るい老後を迎えるにあたって、建物全体で子ども、親、学生、高齢者の方などいろいろな世代が繋がり、コミュニティが生まれ動きが進んでいく可能性を秘めた場所。今後ここを核に、新しい「まちづくり」のカタチが街なかで進むことを、大きく期待できるかもしれません。
(庄野 雄輔)
 

[INFORMATION]
そいよかね水ケ江「みずがいえ」
☎0952-20-0181
●佐賀市水ケ江1丁目2-22(佐賀市民会館跡地)
※まちなかライブラリー鎌田文庫(図書館)(9:00~18:00、日曜定休)
※aiaiビューティサロン(美容サロン)(10:00~19:00、不定休)
※あい菜食堂(6/15にOPEN。☎0952-20-0901 11:00~15:00 日曜定休)
※温浴施設(6/22にOPEN。☎0952-20-0183 13:00~21:00 日曜定休)

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

氏名:編集室

街なかのイベント情報、その他TOPICS的な内容を紹介します。

おすすめホームページ