街なかかわらばん佐賀

ひなのみせvol.3

2015年9月30日


少しずつ呉服元町が変わってきています。わいわいコンテナができ、佐賀の老舗ラーメン店である一休軒も移転オープン。さらにサガン鳥栖のバーの誕生や新しいビジネスを始める人達の増加・・・。ただ日常はまだまだ結構閑散としています。まちづくりは本当に難しいものです。しかし朝と夕方は主に高校生の通学路として、自転車の猛ラッシュ。656広場は近所の子どもの遊び場となり、たまにやんちゃが過ぎて近隣の方に怒られたりなど、そこに人の息吹き、そして動きが存在します。またわいわいコンテナに足を運ぶと、親子連れが芝生でひなたぼっこしていたり、サークルに参加していたり・・・。そしてその人達がお散歩で近くのまんじゅうやさんによったり、野菜を買ったりして、それが日常の姿になっています。まだまだ自慢できるような賑わいではないけれど、ゆっくりと確実に、何となく心地よい雰囲気に変化してきているようです。そしてそんな呉服元町を舞台にまた「ひなのみせ」が開催されます。ひなのみせとは、期間限定で空き店舗のシャッターを開けて仮想の店舗を集め、それを街なかへの本格出店にするプロジェクト。出店側にとっては、お試し販売やテストプロモーションの場として活用できるのがメリッですト。もちろん、いきなりガラッとは変わらないと思いますが、さらに少しずつ少しずつ日常が楽しく、心地よい通りになれば素敵ですね。【庄野雄輔】

※詳しい情報は以下のホームページアドレスより。

https://www.facebook.com/hinanomise?fref=nf

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

編集室

氏名:編集室

街なかのイベント情報、その他TOPICS的な内容を紹介します。

おすすめホームページ