街なかかわらばん佐賀

佐賀出身者からの手紙(高島 みほさん)

2013年7月20日


高島 みほ さん 
JAZZシンガー
 

たくさんの佐賀の人達に、昔を振り返り、笑顔になる時間を届けたい
 

佐賀のおじっちゃん、おばっちゃん、そして、若~か青少年のみなさん、こんにちは。東京でJAZZシンガーをしております、高島みほです。実家は佐賀市白山にある、甘味処“一平”。知っとるでしょ?『夏になっぎ、宇治金時のうまかですもんね~。冬はぜんざいやね~』。里帰りの際、タクシーに乗ると必ず運転手の人にそう言われます。勧興小、成章中で白山在住という、佐賀ではいわゆるシティーガールの座を欲しいままにしていたわけですが、こんな私も実は、よく泣き、よく笑い、悔しく、そして甘くて切ない思いも、一応経験したわけであります。成章中の頃、バルーンフェスタを見に、ダブルデートならぬトリプルデートをした事があります。こういう出来事は、思い出すだけでにやにやしてしまいますね。当時新体操部の部長としても鼻が高かった私は、プライベートもまあまあ充実していたようです。“彼氏”と呼べるほどの仲だったのかは、今や大人になると微妙ですが(笑)。その時の私の彼氏は、他の女子達にモテモテだったようです。なぜなら後日、バルーンフェスタへ一緒に行った事が他の女子達にバレてしまい、放課後に呼び出されてめちゃくちゃ文句を言われたので。『はぁ???行っとらんしっ!!!逆に何の事???』と最後までシラを切りましたが、今思い返すと、あれはどう考えても完全にバレていました(笑)。秋頃に里帰りすると、夕日に映るバルーンの陰が、とても懐かしく、胸がキューンといたします。私に文句を言った女子達は今や親友。バルーンに一緒に行った彼は、32歳になった今でも薬剤師として佐賀でモテモテな様子。“やっぱりシティーガールは先見の目があった”という事にしておきましょう(笑)。
 

音楽を始めたのは、生まれてすぐくらいだったようです。トランぺッターだった父から、音楽のスパルタ教育を、高校に入るまで受けました。それはそれは厳しいもので、よく泣いて、涙で音符が読めなくなった事を覚えています。まあ、おかげで今があるんですけどね。昭和44年、トランペッターとして東京の第一線で活躍していた父は、母の実家である“一平”を継ぐ事になります。そして昭和55年、私が生まれる訳ですが、幼い私に何を感じ取ってくれたのか、父は自分の持っている知識のすべてを私に教えようとしてくれました。そして私も、音楽の力がついていく事にまんざらでもない喜びを感じていました。小学校に入る頃には、ソプラノリコーダーで好きな曲を、好きなキーで、自由にアレンジして吹けるように。白山商店街は、下校の時間になると、私のリコーダーの音で毎日うるさかったでしょうね~。ただ里帰りをすると、ほっとすると同時に、少し寂しい気持ちにもなります。その時代、佐賀の中心“白山商店街”を闊歩していたシティガールは大人になり、当時よくしてくれていた、おじっちゃん、おばっちゃんは、白髪のじいちゃん、ばあちゃんになっているのですから・・・。
 

この夏、8月25日(日)に、私は佐賀で里帰りコンサートを開きます。街の活気も少しずつ衰え、過疎化が進行し一致団結したコミュニティーとしての機能を失いつつこのある街に、もう一度元気を出してほしい、私をのびのびと育ててくれた佐賀にありがとうと言いたい、そういう気持ちでいっぱいです。まだ会った事のない、たくさんの佐賀の人達に、昔を振り返り、笑顔になる時間を届けたい、そしてこれからの未来に向けて、勇気が湧く時間を届けたいと思っています。8月、皆様にお会い出来ます事を、心から楽しみにしております。

 

(Profile)
佐賀県出身のJazzヴォーカリスト。東京オリンピックでファンファーレを務めたトランペッターの高島良邦を父に持ち、幼い頃からピアノ、歌、バレエ、ジャズダンスに親しむ。音楽高校に通いながら劇団ひまわりに所属。ラジオ、舞台などで活躍。卒業後、ブロードウェイのミュージカル出演を目指し、ニューヨークへ4年間渡米。オーディションを受けながらライヴ活動を開始した。数々のセッションに参加し、2001.9.11のチャリティーアルバムを発表。帰国後、帝国劇場「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「マリーアントワネット」などの大型ミュージカルに出演。一躍ミュージカル女優の座を手に入れる。同時に都内のJAZZのライブハウスでも活躍するようになり、その名前は近年、JUJUのバックコーラス、JAZZフェスティバルなどでも頻繁に目にされるように。2009年 1st アルバム「The Back Stage」をリリース。そして今回 、ギブソンジャズギターコンテストで優勝したスーパーギタリスト、寺屋ナオとのDuoで、2013年3月27日2nd アルバム「Close To You」を発売した。

 

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

編集室

氏名:編集室

街なかのイベント情報、その他TOPICS的な内容を紹介します。

おすすめホームページ