街なかかわらばんWEB

元町ファームのその後

2016年5月20日


開園式終了後に、高齢者大学の人達が収穫体験。皆さん、これから何を植えようか思いを馳せてらっしゃいます。

開園式終了後に、高齢者大学の人達が収穫体験。皆さん、これから何を植えようか思いを馳せてらっしゃいます。

まだ赤く色づいてはいませんが、ミニトマトも植えられていました。

まだ赤く色づいてはいませんが、ミニトマトも植えられていました。

ちなみにこれが以前もアップしたファームづくりの一コマ。

ちなみにこれが以前もアップしたファームづくりの一コマ。

「この野菜、がばい成長しとっですよ!」

「これから楽しみの増えたですね」

 

佐賀大学の農業サークルの学生を中心に街なかに誕生した農園、『元町ファーム』。5/13に行われた開園式と最初の収穫時には、賑やかな声が広がっていました。3月に蒔いた種や苗はすくすくと育ち、中には成長しすぎていたり、間引きが足りなかったりした野菜もありましたが、なんとか収穫。そもそもこのファームは単なる「街の農園」というわけではなく、近隣の住民や街なかに出入りする方、そして障害をお持ちの方とも一緒に作り上げていく「ユニバーサルファーム」という側面も持っています。最初は学生の一声で始まり、今日はすぐそばの高齢者大学の方々が収穫体験し、今後はさらに周辺住民も参加できるようになる予定です。場所は呉服元町の中心に位置しており、街ぐるみで賑わうとこのエリアがさらに面白くなりそう。すぐそばの656広場には、キッチンタイプの『モバイルハウス』もあるので、それを持ってきて『収穫&あおぞらキッチン』をやれたら最高ですね。街なかの空き地の有効活用、これからが大いに楽しみ!

モバイルハウス1

【編集長 庄野雄輔】

 

〔INFORMATION〕

呉服『元町ファーム』~ユニバーサル コミュニティ ファーム~

●管理・運営/佐賀大学 COC事業 地域創生学プログラム「トカイナカ班」/佐賀大学「ゆっつら~と街角大学・園芸班」/佐賀大学農業系サークル「ForS.」

●協力/NPO法人まちづくり機構ユマニテさが(0952-22-7340)
●問い合わせ/呉服『元町』ファームのフェイスブックページ

https://www.facebook.com/motomachifarm/timeline

一覧へ戻る

記者プロフィール

庄野 雄輔

氏名:庄野 雄輔

街なかの愛の伝道師? かわらばんの編集もしています。

おすすめホームページ