街なかかわらばんWEB

けんちくおんなめせん

2016年3月15日


2月に「街のおそとリビング」として新しく生まれ変わった656広場。ただいまこちらで「女性」建築士の方々による写真展が行われています。建設業界というと男性のイメージが強いようですが、もちろん女性で頑張っておられる方も多数いらっしゃいます。実は656広場のリニューアルを主導した2人の建築士のうち、一人は女性。今回はその女性も含め、佐賀の建築士会女性委員会が主催して展示が行われています。展示のポイントは女性ならではの細やかな視点、女性からみた『現場』。例えば建設現場で使用される道具や普段の自分達の仕事の様子、海外の興味深い建築物、職人さんの匠の技など、被写体はシンプルですが、まるで細部まで動きが伝わってくるようです。言うまでもなく建物は、私達の生活と密着したものであるはず。ならば女性ならではの細やかな視点は欠かせないような気がします。
 

さて、今回の写真展ですが、3月27日まで開催されます。期間中は女性建築士の方々も在廊されており、最終日にはペーパークラフトのワークショップも行われる予定です。是非足を運んでみてください。

【庄野雄輔】

一覧へ戻る

記者プロフィール

庄野 雄輔

氏名:庄野 雄輔

街なかの愛の伝道師? かわらばんの編集もしています。

おすすめホームページ