街なかかわらばん佐賀

『仮面行列』

2014年8月15日


『仮面行列』とは和紙や紙粘土を使って、自分で手作りした仮面をかぶりながら街を練り歩いていくという、今年で9年目を迎える取組みです(お面作りのワークショップ+練り歩き)。主催は佐賀市呉服元町にある、「子どもの本屋ピピンさん」。毎年参加者はお子さんが多く、動物や魚、絵本の登場人物など自由な発想で思い思いの仮面を作られているようですよ。お子さんの感性を磨くにはもってこいの遊びですね!

ピピンさんの話によると、元々熊本県山鹿の文庫「風吹きからす」さんが、2005年から仮面行列(手づくりの仮面をかぶった練り歩き)を行われていたようです。時期は毎年8月16日に行われる山鹿灯篭祭と同じタイミング。そこで2006年より絵本作家さんが山鹿から帰る際に是非佐賀にもよって仮面行列をしていただこうと、その働きかけを始めたのがピピンさんなのです。このイベントでは、毎回、贅沢にも2人の絵本作家さんに来てもらい、一緒に仮面を作成して、最後に仮面をかぶって街歩きをされます。また、なんとこの取り組みは佐賀市の市民活動応援制度「チカラット」にも採択されたらしいです。当日参加もOKらしいので、是非ご参加ください。【庄野雄輔】

 

〔INFORMATION〕

<開催日>

8月17日(日)

<時間>

13:00~16:30

<場所>

エスプラッツ3Fホール
<参加費>

1000円(仮面1個につき)
<持ってくる物>

絵の具筆・はさみ・パレット(牛乳パックを開いたものや発砲スチロールトレーなども可)
<申込み>
子どもの本屋ピピン
・電話・ファックス(0952-27-8846)

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

編集室

氏名:編集室

街なかのイベント情報、その他TOPICS的な内容を紹介します。

おすすめホームページ