街なかかわらばん佐賀

ものづくりの基地が誕生

2014年7月5日


本日、7月5日から佐賀の夏の風物詩である銀天夜市が始まりました。それに合わせて?なのかはわかりませんが、呉服元町では先日も少し紹介させていただいたFabLab Sagaがオープン。3Dプリンターやレーザーカッター等の機器使用サービスを提供して、誰でもものづくりができる環境を整えることを事業とされておられるみたいです。(他にも事業はあるんだとは思いますが(^_^;))

日本には昔から数多くの職人がいました。職人たちが日本の技術、基、日本そのものを支えてきたといっても過言ではないかもしれません。そしてこれからはものづくりがより身近になり、FabLab さんのような存在がきっかけとなり、新しい文化や技術が生まれるかもしれません。市民発の商品の誕生。期待したいです。

そして何と、たまたま工房に寄ったときに、市民記者でもありこのかわらばんWEBを構築してもらった江口さんに遭遇。何と試作品でレーザープリンターで、かわらばんの木製パネルを作っておられました。うれしーい。初めてやったのにこの出来って凄い。こんな風に実際の誌面をレーザープリンターで作ってみるのも面白いかもですね!【庄野雄輔】

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

編集室

氏名:編集室

街なかのイベント情報、その他TOPICS的な内容を紹介します。

おすすめホームページ