街なかかわらばん佐賀

「姿勢を正して、コーヒーを飲む」

2022年1月13日


昨年の初秋の朝、仕事に向かう途中で自動車の単独事故を起こしてしまったわたしは、腰椎の骨折で1ヶ月半の入院をすることになりました。初めての長期入院。最初の1週間はベッドの上で寝たきりの生活でした。時間の経過とともに治療が進み、上半身をギプスで固定され「起き上がって歩けるようになった」時の喜びと言ったら…。
 
そんな時に知り合いのヤスさんから届いた大量のドリップパックのコーヒー。間食もしない静かな毎日だったので嬉しくて、さっそく給湯室で淹れてみることに。同じ病室の女性とはあまり話すきっかけがつかめずにいたところ、「コーヒーいかがですか?」と2人分淹れたコーヒーから少しずつお話もできるようになりました。コーヒーの香りは人との距離も縮めてくれる気がします。
 
退院した今、カフェや自宅で飲むコーヒーにホッとしながら、リハビリ中にしていたように背筋をピンと伸ばします。「背骨という体の“柱”を大事に」。それが、できるだけ長くコーヒーを楽しめる秘訣だと思うから。体があることに感謝。コーヒー豆を育てる人、焙煎する人、淹れてくれる人にも感謝。後日、コーヒーのお礼にヤスさん宅を訪問。手土産のリクエストは中央本町にある「南吉」の餃子でした。

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

氏名:髙橋 香歩

気ままなママチャリライダー

髙橋 香歩 さんの投稿記事

おすすめホームページ