街なかかわらばん佐賀

街なか情報

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2020.11.13

「自分を見つめる ファッションのお店」

最近、これから何を着ようかな、と悩んでいる方はいませんか?昔好きだった服がなんとなくしっくりこない。ただ流行を追う気分でもない。そんな方にぜひ知っていただきたいお店が、ここ、県庁通りの徳久ビル二階にある「ある晴れた日に」です。洋服やアクセサリーなどのセレクトショップであると同時に...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2020.09.15

『夕暮れからの街あるき』プラン

行楽シーズンに合わせて市民ライターさん達がそれぞれの視点でプランを組んでお届けする街あるき特集。かわらばんでは、1~2年に一回のペースで紙面上で紹介してきました。ただし今年は世界中を新型コロナが席巻中。状況は好転したり悪化したりしていますが、いずれにしても「withコロナ」を踏ま...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2020.07.13

目的に合った運動を楽しく!!

普段なら春は何かを始めるのに一番ぴったりな季節。今年はスロースタートでもしっかりと身体のメンテナンスを始めてみましょう。基礎体力を作るためには習慣化がとても重要。マンツーマンで丁寧に指導をすることを通して体づくりをサポートしていく、という思いを店名に込めた「ROUTii BASE...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2020.05.15

花のある暮らし  教えます

旧長崎街道沿いにある角のお花屋さん。なんとなくその存在は知っているけれど、どんなお店だろう? そう思われている方はいませんか? 創業73年、祖父から二代目を引き継ぐ店主、山田英浩さんにお話を伺いました。まず店内で特に目を引くのは、枝ものや珍しい花々。店舗の二階では草月流や池坊など...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2020.03.13

小さなお店で大きな感動を

うれしの金賞堂は約100年続く老舗の宝石店、その三代目を継ぐ嬉野敏彦さんに話を伺いました。20年ほど東京で宝石を扱う仕事に従事した後、帰郷。現在は既製品の販売のみでなく、主に宝石のリフォームやオリジナルジュエリー、鍛造製の結婚指輪を取り扱われています。お客さん一人一人の話を丁寧に...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2019.11.13

『お花を通して、暮らしを豊かに』

フランス語で「太陽の花」という意味を持つ店名は、花を通して暮らしを豊かに心穏やかにする場所になるように、という願いが込められています。公益社団法人日本フラワーデザイナー協会の会員でもあるオーナーの重冨美佐子さんにお話を伺いました。   初心者から経験者まで幅広い方に...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2019.09.13

『マチノシゴトバCOTOCO215×さが街なか図書館』

本をきっかけに魅力的な出会いをゲットする。今回は『さが街なか図書館』という取り組みの体験レポートを、BOOKレビューも交えて紹介しています。これは街なかに多くのミニ図書館を作る企画で、参加各店の本棚のテーマや蔵書をお店の方々が設定されています。「あのお店に行けば興味のある本や情報...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2019.07.12

『口福いっぱい、鮨好きさんよっといで!』

「美味しい日本酒と鮨を気楽に楽しみたい。佐賀だけでなく日本各地の美味しいお酒を少しずつ試してみたい。ついでに美味しいおつまみもあると良いな」   そんなわがままを駅近で叶えてくれるお店、さもん。各地の酒販店に出かけ厳選したというお酒は常時25種ほど、一杯300〜40...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2019.05.15

「いつもありがとうの気持ちを、玉屋で」

ちょっとしたお礼や日ごろの感謝の気持ちを込める。プレゼントする相手の顔を浮かべてするお買い物はとても楽しいものです。   ご紹介する一つ目は、天然の植物やハーブを使った商品が揃っている玉屋南館2階ハウスオブローゼのボディスムーザー「Oh!Baby」。この売場では期間...

続きをみる

サムネイル

市民ライター:谷口 幸恵

2019.03.15

美味しさに情熱を感じるパン

街なかにあって常にお客さまの絶えない欧風パンのお店、ポンパドウル。店内には常時100種類ほどのパンが所狭しと並べられています。佐賀店店長、柘植基宏(つげ もとひろ)さんにお話をお聞きしました。   本店は横浜。今年創業50周年を迎える老舗のパン屋さんの持つレシピは、...

続きをみる

おすすめホームページ