街なかかわらばん佐賀

元佐賀の転妻さんからのメッセージ

2020年1月14日


休日には佐賀の田園地帯を思う存分サイクリング

休日には佐賀の田園地帯を思う存分サイクリング

(左)多言語ボランティア活動 (右)自然保護活動

(左)多言語ボランティア活動 (右)自然保護活動

(左)子育てサポート活動 (右)市民ライター活動

(左)子育てサポート活動 (右)市民ライター活動

 
苦労したことといえば、まず「車」と「銀行」。以前は、マンションから200mのところにあったカーシェアリングを利用していましたが、佐賀暮らしを楽しむには車は必須。早速、車を買うことにしたのですが、銀行振込みをしようにも、それまで使っていた都銀の窓口がなくて、久留米まで行きました。どうせなら筑後平野を眺めてみようと、自転車(スポーツタイプ)で行くことに。見渡すかぎりの田んぼを眺めながら片道約20kmのサイクリングを楽しみました。
 
それ以来、佐賀の自転車ライフが始まり、佐賀城や図書館、街なかはもちろん、吉野ケ里公園や武雄温泉にも自転車で出かけました。自転車散歩で見つけた「かわらばん」と出会ってから、出版社勤務の経験を活かせる!と思い、ライターとして参加し、素敵なお店を見つけては楽しませていただきました。それから、子育てサポートセンター「ふるはあと」「佐賀県国際交流協会」の多言語ボランティア、「ネイチャー佐賀」「日本ボランティアクラブむつごろう」「げんきな大地SAGA」といった環境団体や、「玄海原発裁判の会」「さよなら原発!佐賀連絡会」にも参加させていただきました。
 
新しい土地でいろいろな人と知り合うには、興味のある社会貢献活動にかかわることが一番!原発のような重たいテーマでも、心温かい佐賀の人たちと一緒に学ぶのは楽しいし、少し大変でも実りある時間になると思います。
 
※玉屋の地下(玉ちか)の絶品グルメは帰省のお土産にとっても 喜ばれました!
 
【参考情報】
街なかバルをきっかけに出会った、また行きたい街なかのお店。
●禄 ●申子 ●酒肴菜飯 志乃 ●VinoBar TOCCO ●駅前ワイン食堂 BIBI ●SOLE DINER LOOP

 
※木本さんの佐賀暮らしは2013年12月~2018年3月、その当時の住まいは駅前中央(2013.12~2017.3)と多布施(2017.3~2018.3)

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

木本 真澄

氏名:木本 真澄

自転車散歩してます✩

おすすめホームページ