街なかかわらばん佐賀

「珈琲とチーズケーキ」【自家焙煎珈琲TaO】

2022年1月13日


コーヒーはすっきりして上品な味わいのパプアニューギニアを。色味も美しい。チーズケーキは卵とクリームチーズが多めで柔らかな口当たり

コーヒーはすっきりして上品な味わいのパプアニューギニアを。色味も美しい。チーズケーキは卵とクリームチーズが多めで柔らかな口当たり

挽き売りの豆はマスター自ら袋詰め

挽き売りの豆はマスター自ら袋詰め

「ちゃんとしたコーヒーを出すには自分で焙煎すること」と語るマスターの大坪さん。関西のコーヒー専門店で修行する日々で得心したことだそうです。コーヒー歴は約38年、郷里の佐賀でお店を開いて14年目。ライフスタイル誌『珈琲時間』にも数度掲載された人気コーヒー店の一つです。大坪さんは良質な豆だけを仕入れ、お店で焙煎しています。焙煎後、おいしく飲めるのは1、2か月程度。「時間がたって劣化した豆のいやな酸味をコーヒーの酸味と誤解している人もいます。本物は、コーヒーチェリー由来のフルーティな酸味がある」とのこと。他にも「濃いコーヒーは苦い」という思い違いもあり、TaOでの一杯でそれらの誤解が解けることでしょう。
 
そんなコーヒーに合わせたいのは、スフレのレシピをもとに作っているチーズケーキ。「持ち帰りたい」と言う方がいるほどの人気ぶりだが、あくまでコーヒー専門店なのでテイクアウトはお断りしているそう。
 
実はコーヒーには覚醒作用だけでなく、心身をリセットしてくれる作用もあるとか。「関西時代、仕事前にコーヒーを飲みに立ち寄る蕎麦屋さんがいて、コーヒーを飲んだ後は出汁の味がよくわかるというのです」と大坪さん。コーヒーはにおいも味覚もリセットしてくれる飲み物なのだそうです。「都市部ではコーヒー店を日常的に利用する文化がある。特別な場所と構えるのでなく、気軽に寄ってもらえたら」。専門店でコーヒーを楽しむ新習慣をとり入れてみませんか?
 

▲様々な種類の豆が並んでいます
 
[INFORMATION]
自家焙煎珈琲 TaO
☎090-3607-1964
●佐賀市中央本町10-5(AIビルディング1F)
●営業時間/11:00~21:00
●定休日/日曜、第2月曜
●駐車場/なし
●インスタグラム/「@tao_saga
フェイスブック
※珈琲豆の挽き売りもあります。
 

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

氏名:伊藤 恵子

唐津の島巡り計画中

おすすめホームページ

お問い合わせ