街なかかわらばん佐賀

うどんのイメージが変わる?! 内装も料理も、こだわり満載

2021年5月14日


宮﨑育ちの私にとって、うどんは親しみがあって大衆的な存在です。そんなイメージのままこちらの店の白い暖簾をくぐれば、あらまぁ、洗練された雰囲気で、洒落た小料理屋にでも迷い込んだのかと思いました。
 
店主である大久保さんは、以前福岡市内でイタリアンのレストランバーを経営。そしてあるとき出合った、今は無き唐津市浜玉町の蕎麦屋「狐狸庵」のうどんの旨さに惚れ込んで作り方を教わり、うどん屋を開くことに至ったそうです。知人のつてで佐賀市内での出店を模索し出合ったこちらの店舗は築100年を超える建物でした。ボロボロだった内装を5か月間かけてほぼ自力で仕上げたというから驚きです。
 
店内は床のコンクリートとテーブルなどの木という対照的な素材を基調としたモダンな雰囲気。木のトレイの上に白唐津のすり鉢に盛られたうどんが出される光景は、既知のうどんとは一線を画します。食べても然り、無添加・無化調にこだわった出汁がもちっとした食感の麺に絡み、一口目から体が喜ぶのを感じます。メニューは、ごぼう天うどんと肉うどんに、季節の素材を使った品が加わります。一升半炊いても売り切れるという「かしわめし」もお楽しみに。

 

▲ごぼう天うどん650円、かしわめし250円
 

▲肉うどん800円
 

▲白い暖簾が目印
 
[INFORMATION]
うどんこどん
☎︎0952-97-9514
●佐賀市呉服元町9-13
●営業時間/11:00~なくなり次第終了
●定休日/木曜、第2・4水曜
●駐車場/なし
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、記載の営業時間や定休日が変動している場合があります。
 

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

氏名:田村 史子

さみしがりやの一匹狼です!

おすすめホームページ