街なかかわらばん佐賀

優しい味わいの洋菓子の根底にあるのは、揺るぎない職人魂

2020年3月13日


様々な人との縁に支えられてきたという北村さん

様々な人との縁に支えられてきたという北村さん

サクッとさわやかとろけるクッキー

サクッとさわやかとろけるクッキー

初めての食感なのに、なぜか懐かしさを感じるサブリナ

初めての食感なのに、なぜか懐かしさを感じるサブリナ

創業から50年以上、人々に笑顔を届けてきた洋菓子の北村堂。材料の吟味や温度管理など、日々の作業を丁寧に行うことで、味を守り続けてきました。毎日同じ味で作る苦労を尋ねたところ、「熟練です」と即答した店主の北村さん。洋菓子作りは一朝一夕で覚えられるものではありません。北村さんは佐世保での修業時代をこう語ります。「手とり足とり指導してもらえることはなく、先輩の仕事を自分の目と耳で観察しながら少しずつ覚えていきました」。生まれも育ちも佐世保の北村さんは、職人が不足する佐賀からの派遣要請を受けて「ほんの半年のつもりで」佐賀を訪れます。その後大手洋菓子店で働くうちに、自分の店を開きたいとの思いが強くなり、25歳で奥様と共に北村堂を開業。宮崎旅行で見た青島の鬼の洗濯岩から着想したサブリナは、創業当時から人気を保つ看板商品です。
 
北村堂の洋菓子は、自分の個性を強く主張するような押しつけがましさはなく、素朴でありながら長く印象に残る味。飽きのこないおいしさとはこのことです。食べる者の心を優しくつかむ洋菓子が今日も北村さんの手から生まれ続けています。

 
[INFORMATION]
洋菓子の北村堂
☎0952-23-2408
●佐賀市高木町3-9
●営業時間/9:00~12:00、14:00~17:30
●定休日/日曜
●駐車場/店舗西側に1台

 

▲レモンの形がキュート。固すぎず香ばしいレモンサブレ

▲1963年創業。県内外の人に愛され続けています

一覧へ戻る

市民ライタープロフィール

伊藤 恵子

氏名:伊藤 恵子

唐津の島巡り計画中

おすすめホームページ