街なかかわらばんWEB

オーナーの笑顔と手作り料理でほっとした気分に

2018年1月16日


2階からの眺めっていいもんですよ。

2階からの眺めっていいもんですよ。

おすすめの手作り餃子。

おすすめの手作り餃子。

店内の至るところにカエルグッズが!

店内の至るところにカエルグッズが!

2階からクリークを眺めながら食事ができる、笑顔が素敵なオーナーさんが切り盛りするカウンターだけの街なかの店。といえば結構限られてくるかもしれません。バルーンミュージアムの斜め前のビル2FにあるSAPOは、こんな店です。二階だから初めて行くときはちょっと勇気がいるかもしれないけれど、オーナーさんの笑顔でそんな不安は払拭。カウンターで手作り餃子をほおばりながら、自然と心が癒されそうです。
 
また店内に散りばめられた、店名の由来となった蛙(ポルトガル語でSAPO)グッズも愛らしい。なんとも居心地がよいお店。サガン鳥栖の試合の日は休んじゃいますというのも面白いです! あ、そうそう、夜のおすすめメニューは手作り餃子をメインに、お酒にあう小鉢の数々。直感的に常連になってみたいお店リストに入ってしまいましたよ! カウンターだけだから大人数で行くのには向かないけれど、一人の時間を楽しむには最適な場所です。
 
ちなみにこの店、お昼は別の方が別の屋号でやっているランチのお店! 昼は別の顔なんですよ!
 
[INFORMATION]
SAPO(さぁーぽ)
☎080-4695-5453
●佐賀市松原1丁目2-20 2F
●営業時間/平日16:30~、土曜15:00~
※土曜は珈琲もあり
●定休日/日曜、祝日、サガン鳥栖の試合の日
●駐車場/なし
※月~金曜は11:30~14:30まで「さらめし」という屋号でランチのお店が営業

一覧へ戻る

記者プロフィール

庄野 雄輔

氏名:庄野 雄輔

街なかの愛の伝道師? かわらばんの編集もしています。

おすすめホームページ