街なかかわらばんWEB

「一瞬を切りとる」カメラの魅力に出会うカフェ

2016年11月17日


著者:ハービー・山口/出版社:講談社

著者:ハービー・山口/出版社:講談社

この店の街としょ本棚のテーマは「写真」

この店の街としょ本棚のテーマは「写真」

店主の平片さん

店主の平片さん

本をきっかけに魅力的な出会いをゲットする。これは読書の新たな楽しみ方の一つかもしれません。そこで今回は『さが街なか図書館(通称″街としょ”)』という企画の体験レポートを、BOOKレビューも交えて全6回に分けて紹介します。今回は2回目です。「あのお店に行けば興味のある本や情報が得られる!」、「あの店主に会いにまたあの店まで!」など、お店とのコミュニケーションを楽しめたり、本に書いていない情報を得られたりするかもしれません。
 
 

●本を借りた人・・・谷口幸恵(市民ライター)
●本棚の場所・・・・FINDER
●本棚のテーマ・・・「写真」
 

『HOPE そら、青くなる』
(著者:ハービー・山口/出版社:講談社)
 

写真集を手にする時間は、暮らしの中でも特に贅沢なひと時ではないかと思います。この写真集は、小さな子どもからお年寄りまで、市井の人々の日常を温かく細やかな視線で切り取ったものです。その数は全125枚。どこかで会ったかもしれない人々、自分もどこかに写っている様な錯覚を覚える風景、もしかしたら数年後の未来が写っている様な写真…それらに、そこに暮らす人々の体温を感じ、匂いをかぐ事さえできる様な気がしてきます。一枚一枚とゆっくりとページをめくるうちにいつの間にか元気が出てくるのは、撮影者ハービー・山口氏の祈りが写真に宿っているからだと思われます。その祈りとは「一枚の写真が多くの人々に希望を与え、いつの日か、この社会が今よりずっと優しくなること」。写真集の題名にある通り、この一冊に込められた「希望」を本を手に取ることでたくさんの人に受け取ってほしいと思います。
 
 

【街としょを体験してみて・・・・】
●体験者:谷口幸恵
 

「一瞬を切りとる」カメラの魅力に出会うカフェ
 

スマートフォンやデジタルカメラの普及で写真撮影が身近になった昨今、フィルムでの写真撮影が好きだと言われる店主平片康一朗さんにお話を伺いました。“街としょ”の本棚に並ぶ本のテーマは「写真」。良い写真の撮り方の本、写真がモチーフになっている小説、写真集などなど。お店はレンタルギャラリー、そしてなんと!レンタル暗室もあります(体験も可能)。また、特にカメラに興味のない方も気軽にふらっと立ち寄って、静かに美味しいコーヒーや手作りのケーキを楽しんでほしいお店です。また過去には「写ルンです」を使って街歩き写真撮影会などの企画もあり。街歩きが一段と楽しくなり、一期一会、現像してみるまでドキドキが続くフィルム写真や、カメラの魅力に触れてみませんか。【市民ライター谷口幸恵】
 

〔SHOP INFORMATION〕
FINDER 
☎0952-22-6911
●佐賀市唐人1-5-40 1F
●営業時間/12:00~21:00、日曜祝日~18:30
●定休日/水曜
●駐車場なし(近くに有料駐車場有り) 
http://find-earth.petit.cc/

kimg1363

一覧へ戻る

記者プロフィール

谷口 幸恵

氏名:谷口 幸恵

街なか楽しみ見つけ隊です!

おすすめホームページ